ブログトップ

NAMGIL SARANG

pabomama.exblog.jp

NAMGIL大好きブログ

GILSTORY HISTORY


あなたが辛いならば、誰かが助けてあげられるという心,
1人じゃないという信頼をもっと分かち合いたいんです。



>e0201833_13244530.jpg
2010年1月、僕はインドネシア地震被害現場で出合った人々を通じて
不可抗力で起こった“災難”を一生抱えて生きて行かなければならない彼等の
切迫感を直接見ました、“自分はもともと貧しくて一生貧しいのだ”と絶望を運
命として受け入れて生きる人々と会ったのです。
彼等を見て国境と地域、人種を超えて心から彼等に向かって手を差し伸べた
かったんです。

そこには当面の疲れた身体を横たえる所も無くただ床で寝る人々のみでした、
共に同行した取材陣たちのカメラも皆片付けて、まずはこれらから何とかし
てみようと思いました。

“奉仕活動に来て一生懸命手助けすれば良いだろ?必ずしも写真を撮り放送に
出さなければならない事なのか?という疑問でイラついていた僕の心を読むよ
うに、同行していた社会活動家の方がこんな話をしてくれました。

“キムナムギル氏は今日これらの為に家を一軒建ててくれました、おかげで地震
で倒れ、床だけが残った家で寝ていた5姉妹には安心して寝られる家が出来ました。
それに私どもの所に訪ねてきてくださる人は誰もいなかったと言うここの人々に
分け与えてくれるあなたの真心は確かに大きな力を与えてくれたでしょう。
私はあなたが彼等を見て心を痛めて、家を一軒建ててあげるために一生懸命、汗を
流していた美しい光景を多くの人々に見せてあげたいです。少なくともあなたの
ファン達にだけでも話してあげたいです。何もしなかった人々に、あなたが伝えて
くれた希望と愛をね、そして一緒にやろう、とたきつけてみたいです。かろうじて
生という切れそうな綱にしがみついて生きているこの人々たちを助けたい、と言う
人々がもっとたくさん出てくるかも知れないじゃないですか”

正しい言葉でした。そうなればここに直接建てる家一軒が10軒になり100軒になり
得るかもしれないという思いが急に湧いてきました。今日僕は家一軒を建ててあげる
事で終りではなく、今後100軒いや100万軒を建てられる基礎工事をしてあげてきた
と言えるのかも知れないなぁ…と思いました。


”僕は家一軒を建てたことで終わりではなく100軒,
いや100万軒を建ててあげられる基礎工事をしてあげたのかも...”。
e0201833_13253158.jpg
僕は“善良な影響力”に対する考えを始めました。そんな折、僕にとって運命的とも
言える事が起きたのです。インドネシア地震被害現場,奉仕活動を行って来た,すぐ
翌日である2010年1月12日,ハイチ大地震が起きたのです。当時アメリカに滞在して
いた僕はすぐにハイチに行かなければならない位の気持ちでした、何故ならぼくは
見てしまったから...地震が起きた後に壮絶な彼等の生き様を見てしまったから...
自ら立ち上がる事もできず絶対的に国境を越えた他人の助け無しには生きられない
切迫感でなないのか...だからどうにか力を貸してあげたい、僕のインドネシア
奉仕活動の内容とハイチ大地震の状況を集めて1時間特集で“地震の今日と明日”を
放映してくれとお願いし、ナレーションを通じて彼等の痛みを僕の口から人々に伝
える事になりました。


”僕がよりによって何故インドネシアに行ったのか?
まるで運命のように...”

心があるところに身体もあるという言葉があります。公益勤務をした平凡な生活
の中にも“影響力”に対して再確認することが出来ました。
入隊前に参加した韓日文化交流会の行事を通じ日本ファン達が募った慈善基金を
モンゴルへ送り、貧しい村の子供達の為学校を作ってあげる事ができたそうです。
ほんとに驚くべきことだと思います。“韓国の俳優を愛する日本の人々が心とお
金を集めてモンゴルの子供達を助けるんです...“そこには国境も人種も超えた,
ただ愛だけがあるのだな、という“真実”を知る事になりました。そしてまさに
こういう事が僕が授かった“影響力”に対する僕の最小限の責任だという事。
少なくともすべての子供達が“貧困”という単語を知らずに生きさせてあげたい
という青臭い夢が思い立ちました。


”ただただ“愛”です”

誠意が何かと多くの人々は思うでしょう。僕は誠意は“愛”であると思います。愛を
分かち合うことが出来る人が2人なら良いし、3人ならばもっと良いし、5人ならばこの
うえなく良いというのが人,愛なのです。

もう始まりました、考えもなしに先走らぬようにします、僕のまわりの人々から巻き
込みたいと思います。この世も捨てたもんじゃないという話が行き交う“ギル”(道)
を作りたいと思います。
そして自分が謳歌する幸せが満ち溢れて誰にでも分かちたい真心達が集う“ギルストー
リー”を作りたいと思います。
キムナムギルのストーリー,キムナムギルが行こう!という道のストーリー,その道を共に
歩く人々のストーリー、そんなすべての道たちとストーリーが出会うプラットホームが
まさに“ギルストーリー”です
e0201833_13264438.gif

[PR]
by pabomama | 2013-04-26 13:28 | namugil